"社会インフラ"のコンテンツ一覧
TOP > 社会インフラコンテンツ一覧
  • 1980年代にスマート工場の発想が! 産業用コントローラで時代を先取り

    1980年代にスマート工場の発想が! 産業用コントローラで時代を先取り

    産業用コントローラとは「工場を自動化させるための装置」のこと。スマート工場の実現などに欠かせないコンポーネントだ。産業用コントローラの開発のスタートは70年代。産業用コントローラとは何かを考えると、IoTの意外な源流が見えてくるのだ。


    TAGS: IoTインフラデジタルトランスフォーメーション

  • シャンデリアにLEDを 新素材GaNが支える“コンパクト”の裏側

    シャンデリアにLEDを 新素材GaNが支える“コンパクト”の裏側

    なかなかLED電球への置き換えが進まない劇場や映画館、ホテルの宴会場。その理由は、LED電球が白熱電球に比べ、ちらついたりフェードイン・フェードアウトができなかったりするためだ。東芝ライテック株式会社は半導体材料GaN(窒化ガリウム)を使用することで、LED電球の小形化・高性能化を可能にした。


    TAGS: R&Dくらし低炭素社会半導体

  • レジのプロが教える 意外と知らない5つのトリビア

    レジのプロが教える 意外と知らない5つのトリビア

    身近にもかかわらず、あまりよく知らないレジやバーコードのこと。昨今、“熱い”POSシステム業界を考える際にも必要な、レジ・バーコードのトリビアに迫った。


    TAGS: くらしインフラキャリア・教育

  • EV×シェアリング!? EV×自動運転!? 次世代電池と進むEV普及のその先へ

    EV×シェアリング!? EV×自動運転!? 次世代電池と進むEV普及のその先へ

    EV化に伴う課題は走行距離の限界。急速充電という特長で潜在ニーズを掘り起こす東芝の二次電池「SCiB™」により、EVバス、タクシー、カーシェアリングのみならず、来たる未来の自動運転タクシーなど都市の風景は大きく変貌するだろう。


    TAGS: くらし二次電池自動車

  • マレーシアで実証事業スタート! EVバスがもたらす環境都市の未来とは?

    マレーシアで実証事業スタート! EVバスがもたらす環境都市の未来とは?

    マレーシア・プトラジャヤ市で、NEDOのEVバスの実証事業がスタートした。東芝を含む日本企業・現地企業が提供する超急速充電バスソリューションは、長い充電時間と短い電池寿命の問題を解決し、未来の環境都市づくりに大きく寄与する可能性を秘めている。


    TAGS: アジアインフラ二次電池海外事業

  • 水処理には膨大な電気が必要!? 下水道を支える省エネ技術とは?

    水処理には膨大な電気が必要!? 下水道を支える省エネ技術とは?

    現在、下水処理にかかるコストが問題視されている。そのコストの多くを占めるのが曝気処理における電力使用によるものだ。そこで東芝が開発した新技術が、大きな省エネ効果を発揮している。


    TAGS: くらしインフラ水処理

続きを見る
Pickup
  • ヤギ・ひつじでCO2削減!? 緑地から広がるCSRの種

    ヤギ・ひつじでCO2削減!? 緑地から広がるCSRの種

  • 東寺五重塔が金色に輝く京都の夜 綿密に設計されたライトアップ

    東寺五重塔が金色に輝く京都の夜 綿密に設計されたライトアップ

  • 佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

    佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

  • オゾンの力でおいしい水を 高度浄水処理設備の水面下の革新

    オゾンの力でおいしい水を 高度浄水処理設備の水面下の革新

  • SDGsの取り組みがもたらす、 新たな世界の姿とは

    SDGsの取り組みがもたらす、 新たな世界の姿とは