"R&D"のコンテンツ一覧
TOP > R&Dコンテンツ一覧
  • シャンデリアにLEDを 新素材GaNが支える“コンパクト”の裏側

    シャンデリアにLEDを 新素材GaNが支える“コンパクト”の裏側

    なかなかLED電球への置き換えが進まない劇場や映画館、ホテルの宴会場。その理由は、LED電球が白熱電球に比べ、ちらついたりフェードイン・フェードアウトができなかったりするためだ。東芝ライテック株式会社は半導体材料GaN(窒化ガリウム)を使用することで、LED電球の小形化・高性能化を可能にした。


    TAGS: R&Dくらし低炭素社会半導体

  • 量子コンピューター時代を後押しする 新たな耐量子公開鍵暗号技術とは?

    量子コンピューター時代を後押しする 新たな耐量子公開鍵暗号技術とは?

    スーパーコンピューターの1億倍の演算速度を誇るという量子コンピューター。しかし、その処理能力の高さから、現在の暗号が解読されてしまうリスクも……。そこで未来を見据えた、新たな暗号技術が求められている。


    TAGS: R&D

  • 半導体技術×新材料=課題解決!? 水素センサーで社会をより安全に

    半導体技術×新材料=課題解決!? 水素センサーで社会をより安全に

    来たるべき水素社会に向け、課題とされるのが水素ガスの漏れを検知するセンサーの技術。多くの電力を必要とする従来型の水素センサーの課題を解決した新技術の登場で、人々の生活や日本のエネルギー事情は大きく変わろうとしている。


    TAGS: R&Dくらし水素

  • 原子炉格納容器の内部を探る 水中遊泳ロボットの奮闘!

    原子炉格納容器の内部を探る 水中遊泳ロボットの奮闘!

    福島第一原発3号機の原子炉内部を調査するべく、水中遊泳ロボットが開発された。格納容器の内部に、果たして燃料デブリは存在するのか? ロボットがその実態を探る。


    TAGS: R&Dプロジェクトストーリーロボット原子力

  • 文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

    文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

    太宰治評論の第一人者として知られる奥野健男は、実は、かつて東芝に籍を置く研究者として活躍していた。その研究の営みは、映画化もされた伊藤整の長編小説『氾濫』にも登場する。


    TAGS: R&D東芝の人東芝の歴史

  • 佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

    佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

    東芝は佐賀市の「清掃工場バイオマス利活用促進事業」に参画し、清掃工場において商用利用される世界初のCO2分離回収プラントを納入した。回収したCO2は藻類の培養や農作物の栽培などに活用されていく。


    TAGS: R&Dインフラ低炭素社会再生可能エネルギー火力

続きを見る
Pickup
  • ヤギ・ひつじでCO2削減!? 緑地から広がるCSRの種

    ヤギ・ひつじでCO2削減!? 緑地から広がるCSRの種

  • 東寺五重塔が金色に輝く京都の夜 綿密に設計されたライトアップ

    東寺五重塔が金色に輝く京都の夜 綿密に設計されたライトアップ

  • 佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

    佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

  • オゾンの力でおいしい水を 高度浄水処理設備の水面下の革新

    オゾンの力でおいしい水を 高度浄水処理設備の水面下の革新

  • SDGsの取り組みがもたらす、 新たな世界の姿とは

    SDGsの取り組みがもたらす、 新たな世界の姿とは