TOP > エネルギー > 新エネルギーの確立へ 水素エネルギーのいまと未来

新エネルギーの確立へ 水素エネルギーのいまと未来


新エネルギーの確立へ 水素エネルギーのいまと未来

次世代のクリーンエネルギーとして注目を集める「水素エネルギー」。特にエネルギー自給率が6%とエネルギー資源のほぼ全量を海外に頼っている日本にとっては、自国で賄える新エネルギーを確立することは急務となっており、環境にも優しい水素エネルギーへの期待は高まっている。

先月の記事でも取り上げた、水と太陽光のみで稼働できる自立型エネルギー供給システムである「H2One™」の実証実験が2015年4月から開始されるなど、水素エネルギーの研究は実用化に向け日々進んでいるが、水素への理解が一般に広まっているとは言いがたい。今回は水素エネルギーの魅力を体感するべく、東芝未来科学館で行われた一般参加型イベント「水素エネルギーを実感しよう」に潜入。講師を務めていただいた法政大学の左巻健男教授へのインタビューを通じて、水素の基礎を学ぶと同時に、水素エネルギーに秘められた可能性を探った。

水素の特徴を知る

左巻健男教授

左巻健男教授

イベントは穏やかな口調ながらも、身振り手振りを踏まえた熱のこもった左巻教授の解説から始まった。

「水素は原子の中で一番簡単な構造をしています。さらに一番小さいというのも特徴です。実験や水素自動車に使われているのは水素分子、つまりエイチツーなのですが、くっついて2倍になってもまだ一番軽いんです。この特徴を使って、昔は飛行船を飛ばすのに使用されていました。しかし、1937年にドイツで事故が起こり、着陸の時に火がついてしまった(ヒンデンブルグ号爆発事故)。それで現在の飛行船には二番目に軽いヘリウムが使われているのですが、この事件がきっかけで水素が危険なものだというイメージがついてしまった。そのせいで、水素の研究が遅れてしまったとさえ言われています」

しかし、水素は特徴を踏まえて適切に使用すれば、危険性を限りなく減らして有効に活用できるエネルギーだ。水素が爆発するのは空気中に4~75%含まれている場合に限られ、それ以上でも以下でも燃焼しない。また水素の発火点は500℃となっており、旧来からエネルギー資源として使用されているガソリンの300℃よりも高く、自然発火することはまずないといえる。

水素爆発の可能性があるのは、密封空間で4~75%の濃度で引火した場合だが、例えば水素の濃度を99%にまで高めるなど、水素の性質を踏まえた対策を施すことで安全に使用することができる。実際に水素を発電に利用する燃料電池自動車や自立型エネルギー供給システムでは、水素の特徴をしっかりと把握した安全対策をしており、現在の燃料電池自動車にいたっては、すでにガソリン自動車と同等のレベルの安全性を担保することが可能になっている。

水素をつくるには

水の電気分解をするための装置

ポリ容器を使用した電気分解装置(写真左)と電源装置(写真右)

水素は宇宙上でもっとも多く存在するが、その質量ゆえに地球の重力では大気中にとどめておくおく事が出来ない。つまり水素は地球上にほとんど存在しないのだ。では水素は一体どのようにつくられるのだろうか。

「実はいまこの装置で水の電気分解をして、水素をつくっています。水素をつくる一番簡単な方法は水の電気分解です。しかし、電気分解のためには電気エネルギーが必要で、電気をつくるために電気エネルギーが必要になるという課題が残ります。また水素が含まれている物質である有機物から炭素を取り除き、水素を残すという方法もあります。これは現在、炭素を取り出すことは可能になっているのですが、実用化するにはまだまだ費用が掛かりすぎるという問題があります。その他にも、工場などでどうしても出てしまう水素を集めるという方法もありますが、これには当然限界があります。最近では水素を発生させる細菌がいることがわかり、それらの細菌を使って水素を生み出す研究も進んできましたが決め手とはなっていません。やはり大量に水素を生み出す新しい方法を発見することは、水素社会を実現するためには不可欠だといえます

現在販売されている水素は、主に水の電気分解により得られている。水の電気分解は手法としては確立されているものの、左巻教授が指摘するようにその電力をどのように得るかを考える必要がある。

燃料電池の原料として考えた場合、通常の発電施設から得られた電力を用いたのでは、水から水素へ、水素から水へと変換を行う分ロスが生じるし、火力発電を行えば環境負荷が高くなる。電力を水素に変換するメリットは人が電力を使っていない時間帯の余剰電力や、自然エネルギーなどの出力が不安定な電力を水素という形で一時的に蓄積し、電力に変換したり燃料として使ったりできるという点にある。太陽光を利用している「H2One™」のように、そういったメリットを最大限に活かせる仕組みをこれからも作り上げていかねばならない。

「爆鳴気」(水素2、酸素1で混合された気体) 点火前

イベントでは、あらかじめ用意された水素に実際に火をつけるという実験も行われた

「爆鳴気」(水素2、酸素1で混合された気体) 点火時

「爆鳴気」(水素2、酸素1で混合された気体)は引火すると大きな音をたてた

 

講義に聞き入る参加者のみなさん

講義に聞き入る参加者のみなさん

> 次ページ水素エネルギー研究の現在

Related Articles Related Articles
  • アイデア創出でつながる若手 パッションが生み出す技術コラボ

    アイデア創出でつながる若手 パッションが生み出す技術コラボ

  • モーションキャプチャで探る 技能の匠の動きの秘密

    モーションキャプチャで探る 技能の匠の動きの秘密

  • 塗って作る、軽くて曲がる電池!? ペロブスカイト太陽電池の可能性

    塗って作る、軽くて曲がる電池!? ペロブスカイト太陽電池の可能性

  • デジタルトランスフォーメーション デジタルと人のパラドックス

    デジタルトランスフォーメーション デジタルと人のパラドックス

  • デザイン思考×SDGs 驚きのビジネス活用術!

    デザイン思考×SDGs 驚きのビジネス活用術!

  • 逆境をチャンスに! 受け継がれる超電導技術の未来とは?

    逆境をチャンスに! 受け継がれる超電導技術の未来とは?

  • 電気抵抗ゼロの世界 超電導技術の大いなる飛躍

    電気抵抗ゼロの世界 超電導技術の大いなる飛躍

  • 半導体技術×新材料=課題解決!? 水素センサーで社会をより安全に

    半導体技術×新材料=課題解決!? 水素センサーで社会をより安全に

  • クレイアニメーションが魅せる ボーダーレスな世界

    クレイアニメーションが魅せる ボーダーレスな世界

  • 世界のエネルギー事情を変える技術 「直流送電」は何がすごい?

    世界のエネルギー事情を変える技術 「直流送電」は何がすごい?

  • お笑いジャーナリスト・たかまつななさんと学ぶ「SDGs×東芝」

    お笑いジャーナリスト・たかまつななさんと学ぶ「SDGs×東芝」

  • モノづくり現場の「技」の伝承 若きホープと匠の絆

    モノづくり現場の「技」の伝承 若きホープと匠の絆

  • ライフラインが途絶えた被災地へ 水素がもたらす大きな希望

    ライフラインが途絶えた被災地へ 水素がもたらす大きな希望

  • 文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

    文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

  • 佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

    佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

  • 日本人に最適化したゲノム解析ツール 『ジャポニカアレイ®』が拓く未来とは!?

    日本人に最適化したゲノム解析ツール 『ジャポニカアレイ®』が拓く未来とは!?

  • 水素エネルギーについて知っておきたい5つのこと

    水素エネルギーについて知っておきたい5つのこと

  • 日本は世界3位の地熱資源国! 地熱発電のさらなる可能性を追う

    日本は世界3位の地熱資源国! 地熱発電のさらなる可能性を追う

  • 東芝 技能の人 ぶれない「技」への思い

    東芝 技能の人 ぶれない「技」への思い

  • 東芝 技能の人 明日へのメッセージ

    東芝 技能の人 明日へのメッセージ

  • エネルギーとして本格導入!? 2030年、水素社会がやってくる

    エネルギーとして本格導入!? 2030年、水素社会がやってくる

  • 乗り物は水素で動かす時代へ そのメリットと可能性とは

    乗り物は水素で動かす時代へ そのメリットと可能性とは

  • スカイツリーより高い!? 落差714メートルの揚水発電所

    スカイツリーより高い!? 落差714メートルの揚水発電所

  • スタートアップと大企業が組んだ オープンネイルの“確信”

    スタートアップと大企業が組んだ オープンネイルの“確信”

  • 指先がデバイスになる!? “革新”のオープンネイル

    指先がデバイスになる!? “革新”のオープンネイル

  • スポーツ映像アナリティクスの最前線 ディープラーニング×画像認識技術の可能性

    スポーツ映像アナリティクスの最前線 ディープラーニング×画像認識技術の可能性

  • ICTの力で戦略立案や選手強化を! 日本ラグビーはさらなる進化へ――!

    ICTの力で戦略立案や選手強化を! 日本ラグビーはさらなる進化へ――!

  • 震災復興を支えるチカラ 次代を担う人材の育成

    震災復興を支えるチカラ 次代を担う人材の育成

  • 元東電社員の奮戦 太陽光発電がけん引する、被災地の再生

    元東電社員の奮戦 太陽光発電がけん引する、被災地の再生

  • モノやサービス、そしてライフスタイルも― UX視点のデザインには終わりがない

    モノやサービス、そしてライフスタイルも― UX視点のデザインには終わりがない

Archives
  • エネルギー
  • 社会インフラ
  • 電子デバイス
  • デジタルソリューション
  • 研究開発
  • 人・取り組み