Japan

TOSHIBA CLIP

sticky cover shadow image

sticky cover dot image

読み込み中

東芝の半導体工場から世界へ
~AIで社会の最適化を目指す~

この記事の要点は…
実はAIの老舗、東芝

フラッシュメモリを製造する四日市工場はAI技術の成功例

東芝のAIを社会インフラ領域に

実はAIの老舗、東芝。

東芝がAIの老舗企業であることを、一体世の中のどれだけの人が知っているのだろうか。

世間一般でのAIのイメージは、人間と同じように喋ったり、歌ったりするロボットやスマートフォンに搭載されているSiri(※)などであろうが、東芝のAIはこれらとは少し異なる。
AIというものの定義や技術領域そのものに諸説あるが、東芝としてのAIを端的に表すならば、「収集した多くのデータを処理、分析することで最適な制御やサービスの提供に寄与するもの」だ。

東芝は、こうした独自のAI技術の開発と活用を行い、製造現場での生産性・品質・工期などの向上に常に取り組んできた。

東芝 四日市工場

※SiriはApple Inc.の商標です。

> 次ページフラッシュメモリを製造する四日市工場はAI技術の成功例

※別ウィンドウが開きます。

関連記事

このページのトップへ