TOP > 研究開発 > なんでも接着 なんでもつながる “分子接合”で広がるIoTの可能性

なんでも接着 なんでもつながる “分子接合”で広がるIoTの可能性


なんでも接着 なんでもつながる “分子接合”で広がるIoTの可能性

この記事の要点は…

「何もないのと同じ」接合面。接着剤を使わない分子接合の世界とは?

極めて小さな分子から極めて大きなイノベーションへ。

今後、活用が期待されるのは、IoTにも関連するあの意外な分野。

金属同士、セラミック同士、あるいは金属とセラミック――これまでくっつけるのが不可能だと思えたものですら自在に“接着”できるようになったら・・・。そんな発想が、すでに実用化されているのをご存知だろうか。

同種材料であっても異種材料であっても、何でも強固に結合させてしまう分子接合技術。その名の通り、分子レベルで接着させてしまうこの技術の登場により、モノづくりの現場が今、大きくアップデートされようとしている。

プロセス面とプロダクト面で起きるイノベーション

「物と物をくっつけるというのはもともと、製造業における基本的な工程です。そこで例えば、材料Aと材料Bを接着する際、接着剤の付着を強めるために素材の表面を荒らすことがあります。これはアンカー効果といって、表層に目に見えない細かな凹凸を設け、そこに入り込んだ接着剤を硬化させることで、強い結合を可能にさせるためです。その点、今回の分子接合技術では、平滑な界面であっても分子レベルで密着させることができるのが大きな特長です」

東芝 ストレージ&デバイスソリューション社 八甫谷明彦氏

東芝 ストレージ&デバイスソリューション社 八甫谷明彦氏

そう語るのは、東芝・ストレージ&デバイスソリューション社の八甫谷明彦氏だ。分子とは物質の最小単位で、その寸法は実に1ナノメートル(1ミクロンの1/1000)程度。つまり、特殊な接合剤を挟み込むことで、材料Aと材料Bを化学的に反応させ、「実質的には何もないのと同様」(八甫谷氏)の状態で結合する。これが分子接合技術の大まかな原理である。

分子結合技術の原理

1ナノメートルの分子レベルで化学結合を起こし、接着する手法には、さまざまなメリットがある。それは大まかに、プロセス面とプロダクト面のイノベーションに分けられるという。

「まずプロセス面では、工程を短縮し、コストを抑えることが可能です。そしてプロダクト面では、従来技術では実現できない薄型軽量化、あるいは高密度化、さらに熱を伝えやすくする低熱抵抗化など、モノづくりの現場に多くの恩恵をもたらします」(八甫谷氏)

この動画は2017年6月8日に公開されたものです。

東芝がこの分子接合技術を初めて応用したのは、フレキシブル基板だ。フレキシブル基板とは、薄いプラスチックフィルムを使い、用途に応じて曲げることができるプリント配線板のことで、スマートフォンなど身近なガジェットに多く使われているもの。分子接合技術の実用化で、より薄く、低コストな基板が実現したことは、ガジェット自体の小型軽量化に大きく寄与している。

> 次ページスマートテキスタイル分野の発展に期待

Related Articles Related Articles
  • お笑いジャーナリスト・たかまつななさんと学ぶ「SDGs×東芝」

    お笑いジャーナリスト・たかまつななさんと学ぶ「SDGs×東芝」

  • 情報管理の新常識 レシートから未来の革新へ

    情報管理の新常識 レシートから未来の革新へ

  • SDGsの取り組みがもたらす、 新たな世界の姿とは

    SDGsの取り組みがもたらす、 新たな世界の姿とは

  • マンホールアプリ「Manhoo!」が 生み出す新たな情報の姿とは?

    マンホールアプリ「Manhoo!」が 生み出す新たな情報の姿とは?

  • 21世紀のネオ産業革命 Connected Industriesの5本の矢

    21世紀のネオ産業革命 Connected Industriesの5本の矢

  • 水処理には膨大な電気が必要!? 下水道を支える省エネ技術とは?

    水処理には膨大な電気が必要!? 下水道を支える省エネ技術とは?

  • オゾンの力でおいしい水を 高度浄水処理設備の水面下の革新

    オゾンの力でおいしい水を 高度浄水処理設備の水面下の革新

  • 202X年のロボットが夢見る ヒトと機械がつながる社会

    202X年のロボットが夢見る ヒトと機械がつながる社会

  • ライフラインが途絶えた被災地へ 水素がもたらす大きな希望

    ライフラインが途絶えた被災地へ 水素がもたらす大きな希望

  • 日本が停電に強いのはなぜ? 意外と知らない電力供給のカラクリ

    日本が停電に強いのはなぜ? 意外と知らない電力供給のカラクリ

  • コネクテッドインダストリーズ バイオ技術×デジタルが創る未来!

    コネクテッドインダストリーズ バイオ技術×デジタルが創る未来!

  • 高みへ、そして未来へ昇る エレベーターの最前線

    高みへ、そして未来へ昇る エレベーターの最前線

  • 上りと下りは音で分かる!? 知られざるエレベーターのトリビア

    上りと下りは音で分かる!? 知られざるエレベーターのトリビア

  • エネルギーとして本格導入!? 2030年、水素社会がやってくる

    エネルギーとして本格導入!? 2030年、水素社会がやってくる

  • ビジネスモデルを変える力 IoTアーキテクチャー「SPINEX」

    ビジネスモデルを変える力 IoTアーキテクチャー「SPINEX」

  • 「ソサエティー5.0」の衝撃 第5の新たな社会とは

    「ソサエティー5.0」の衝撃 第5の新たな社会とは

  • スカイツリーより高い!? 落差714メートルの揚水発電所

    スカイツリーより高い!? 落差714メートルの揚水発電所

  • 謎の“ボール消失現象”を追え LED研究者がフィールドを走る

    謎の“ボール消失現象”を追え LED研究者がフィールドを走る

  • スタートアップと大企業が組んだ オープンネイルの“確信”

    スタートアップと大企業が組んだ オープンネイルの“確信”

  • 指先がデバイスになる!? “革新”のオープンネイル

    指先がデバイスになる!? “革新”のオープンネイル

  • AI新時代を生きる― 「技術の東芝」を追い求める研究者たち

    AI新時代を生きる― 「技術の東芝」を追い求める研究者たち

  • 老舗のAI技術を人々の身近な生活の中に ~東芝コミュニケーションAI「RECAIUS™」~

    老舗のAI技術を人々の身近な生活の中に ~東芝コミュニケーションAI「RECAIUS™」~

  • 自動運転を支えるAI ~画像認識プロセッサ「Visconti™」~

    自動運転を支えるAI ~画像認識プロセッサ「Visconti™」~

  • 東芝の半導体工場から世界へ ~AIで社会の最適化を目指す~

    東芝の半導体工場から世界へ ~AIで社会の最適化を目指す~

  • 『AI企業』50周年のその先へ ~東芝が目指すAIとは~

    『AI企業』50周年のその先へ ~東芝が目指すAIとは~

  • 産業用ドローンの新時代 電力インフラ点検で異業種コラボ

    産業用ドローンの新時代 電力インフラ点検で異業種コラボ

  • IoTで変わる!未来エレベーター 柔軟な発想がビジネスのヒントに

    IoTで変わる!未来エレベーター 柔軟な発想がビジネスのヒントに

  • インバウンドサービスで活躍 ビーコン活用 実証実験をレポート

    インバウンドサービスで活躍 ビーコン活用 実証実験をレポート

  • スマホを使って看板を翻訳 インバウンド対応はここまで進化した!

    スマホを使って看板を翻訳 インバウンド対応はここまで進化した!

  • 自動運転、ドローンへの応用にも期待大 単眼1ショットで画像と距離を同時撮影!

    自動運転、ドローンへの応用にも期待大 単眼1ショットで画像と距離を同時撮影!

Archives
  • エネルギー
  • 社会インフラ
  • 電子デバイス
  • デジタルソリューション
  • 研究開発
  • 人・取り組み