TOP > 人・取り組み > 草創期から現在を探る! 電気にまつわる5つのトリビア

草創期から現在を探る! 電気にまつわる5つのトリビア


3.なぜ東西で50Hzと60Hzに分かれているの?

日本では糸魚川静岡構造線を境界線として、周波数が関東方面で50Hz、関西方面で60Hzとなっている。それには、藤岡市助が大きく関わっている。

東西で周波数が異なる

東西で周波数が異なる

1893年、電力需要が増加する中、日本最初の電力会社である東京電灯株式会社は、浅草に大発電所の建設を始めた。そのときに発電機を発注した人物が藤岡だった。

発注先はドイツのアルゲマイネ社。ドイツでは周波数は全て50Hzであったため、関東地方には50Hzが広がっていった

一方の関西地方では、1896年、大阪電灯株式会社が米国のゼネラル・エレクトリック社から発電機を購入。その発電機の周波数は60Hzだった。そのため、西側では60Hzとなっている。

4.長岡半太郎と電球製造の意外な関係

「中心核のある原子模型」を提唱したことで知られる物理学者・長岡半太郎。学校で習ったことのある方も多いだろう。

右から、長岡半太郎、1932年にノーベル化学賞を受賞しているアメリカの化学者・物理学者であるアーヴィング・ラングミュア、東芝の前身・東京電気社長の山口喜三郎

右から、長岡半太郎、1932年にノーベル化学賞を受賞しているアメリカの化学者・物理学者であるアーヴィング・ラングミュア、東芝の前身・東京電気社長の山口喜三郎

彼の教え子の一人が新荘吉生(しんじょうよしお)。東芝の前身・東京電気で技師長を務めた人物である。長岡は、東京電気で電球の研究にいそしむ新荘に助言を与えることも多かったという。その中で生まれたのが、酸化ウランを含んだ透明ガラスを使用した「カナリア電球」だ。

カナリア電球

カナリア電球

エジソンが実用化に導いた炭素電球は、1910年頃から消費電力・有効寿命がより高性能の「タングステン電球」に次第に置き換わっていく。カナリア電球は、タングステン電球の種類の一つで、ウランガラスが紫外線や青色光を吸収するため、眼精疲労を減らす目に良い電球として販売された。

長岡は藤岡とも親交があり、藤岡について「電気工学のみならず、経済界にあっても先覚者の一人だったと思います」と述べている。

5.電気は財物か否か

刑法245条には「この章(第36章窃盗及び強盗の罪)の罪については、電気は財物とみなす」とある。刑法にこの条文が入った背景には、とある裁判が……。

1910年、ある需要家が架線から直接電力を引いて勝手に使用したとして、横浜地方裁判所に提訴された。一審は有罪。二審は無罪となった。

問題は、刑法にある「他人の財物を摂取したるものは窃盗の罪」という記述。この「財物」に、目に見えない電気が含まれるかどうかが議論となったのだ。

この二審のときに鑑定人となったのが田中舘愛橘(たなかだてあいきつ)という物理学者。英語塾における藤岡の同窓生であり、何度か論争をするものの、藤岡のよき理解者だった。

そして現在の最高裁判所にあたる大審院では有罪となる。この判決は法曹界に論争を巻き起こし、財物は有体物に限るか、もしくは管理可能な限り、電気など無体物を含むか、争いとなったが、現在では後者が通説的地位を占めている。

 

今では当たり前に使用している電気。その内奥は、現在の私たちの生活の基盤を作り上げた草創期を探るからこそ照らし出すことができるのではないだろうか。私たちが見つめる光には、今でも藤岡らの精神が息づいているのである。

Related Articles Related Articles
  • 見て、考えて、動く! 受け継がれるロボットづくりのDNA

    見て、考えて、動く! 受け継がれるロボットづくりのDNA

  • 事業所のある町物語 ~東京都府中市~ 日本のモノづくりを支えた郊外都市

    事業所のある町物語 ~東京都府中市~ 日本のモノづくりを支えた郊外都市

  • 帰郷した名機関車は何を想う ブルートレインをけん引した「EF65 535」

    帰郷した名機関車は何を想う ブルートレインをけん引した「EF65 535」

  • 逆境をチャンスに! 受け継がれる超電導技術の未来とは?

    逆境をチャンスに! 受け継がれる超電導技術の未来とは?

  • 電気抵抗ゼロの世界 超電導技術の大いなる飛躍

    電気抵抗ゼロの世界 超電導技術の大いなる飛躍

  • ここにも出雲大社の神様が! 人気商業施設との意外な関係

    ここにも出雲大社の神様が! 人気商業施設との意外な関係

  • 海芝浦 閉じられた地の開かれた想像力

    海芝浦 閉じられた地の開かれた想像力

  • 文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

    文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

  • なぜ漢字は正しく変換できる? 今日に生きる日本語入力技術のルーツ

    なぜ漢字は正しく変換できる? 今日に生きる日本語入力技術のルーツ

  • 僕らの未来はここから始まる 歴史と科学と楽しく触れあえる「東芝未来科学館」

    僕らの未来はここから始まる 歴史と科学と楽しく触れあえる「東芝未来科学館」

  • 日本初の白熱電球 暗闇を照らす一筋の光

    日本初の白熱電球 暗闇を照らす一筋の光

Archives
  • エネルギー
  • 社会インフラ
  • 電子デバイス
  • デジタルソリューション
  • 研究開発
  • 人・取り組み