loading
TOP > 社会インフラ > 電子ミラーで車体が透ける? コックピットソリューションの最前線

電子ミラーで車体が透ける? コックピットソリューションの最前線


今後も刻々と変化する電子ミラーと取り巻く環境

こうした次世代型のコックピットシステムを、ADAS(先進運転支援システム)と呼ぶ。各社がしのぎを削る中、電子ミラーを中心とするADASには今、どのような課題があるのか。

「合成表示処理性能の向上や安全規格への適合など、細かな課題は多いですが、こうしたカメラモニタリングシステム共通の課題である、環境条件対応の向上は重要でしょう。たとえば夜間や直射日光、あるいは濃霧、トンネルの前後など、車外の照度が激しく変化した際の対応ですね。これはおそらく、HDRカメラや画像鮮明化技術の向上によって改善されていくものと思われます」(荒木氏)

東芝 ソリューション開発センター 荒木勝彦氏

東芝 ソリューション開発センター 荒木勝彦氏

こうした技術革新の行く先には、認識機能とのさらなる連携により、車や人、障害物を検知してドライバーに通知する、安全機能の向上も期待されると荒木氏は語る。

「また、将来的には 車内に設置される表示デバイスも柔軟に変化し、たとえばピラー(自動車の窓柱)部分に曲面ディスプレーやプロジェクションなどの技術を用い、カメラの映像を表示して死角をなくすようなことも可能になるでしょう」(荒木氏)

東芝 ソリューション開発センター 荒木勝彦氏

その一方で、車が完全自動運転の時代を迎えた暁には、運転者への配慮自体が不要となり、電子ミラーもまた不要になるとの予測もある。

「それでも、そのプロセスでカメラは残り、ディスプレーに鏡と相違ないレベルで表示させる技術は求められ続けるでしょう。そこで解像度やフレームレート、視野方向の違いなどによる違和感をどれだけ軽減できるか、さらなる技術の向上が必要です」(秋山氏)

東芝 ストレージ&デバイスソリューション社 秋山林太郎氏

電子ミラーの登場は、自動車の本質的な革新の第一歩といえそうだ。

  • ↓ スクロールで続きを読む ↓