loading
TOP > エネルギー > 病巣にピンポイント照射 がん治療に新たな可能性を拓く

病巣にピンポイント照射 がん治療に新たな可能性を拓く


最新医療と快適な治療室を兼ね備えた『i-ROCK』

最先端科学と医療技術が理想的に融合した重粒子線治療施設。2018年4月に神奈川県立がんセンターに着任された加藤氏は『i-ROCK』の施設の特長を次のように語る。

「重粒子線治療施設のスタートは千葉県の放射線医学総合研究所病院で、これはどちらかというと研究用途の目的に沿ったものでした。それが国内3施設目となる群馬大学・重粒子線医学センターでの計画から、将来的な施設普及を念頭に、患者さんの立場に立って快適性への配慮が大きくなり、最新の5施設目となる当センターの『i-ROCK』では、施設のデザイン面でもかなり洗練されてきています」(加藤氏)

快適な治療環境を提供する『i-ROCK』治療室

快適な治療環境を提供する『i-ROCK』治療室

治療室にある東芝製の治療台は7軸の多関節アームでスムーズな動きを実現し、患者に安心していただけるようデザイン面の配慮もされており、また、医療スタッフにも操作しやすい設計となっている。放射線治療の現場において、こうした治療施設の快適性は無視できない要素だという。

「治療を受ける際、患者さんは皆、不安と緊張を抱えながら治療室に入ります。重粒子線の治療は麻酔をかける治療ではないので、照射時に的を外さぬようできるだけ身動きをせず、体勢を維持していただくことがとても重要です。患者さんの不安は治療に大きく影響しますから、少しでもリラックスし、安心できる施設環境であることが、スムーズな治療につながります」(加藤氏)

「重粒子線治療については、まだ実績が十分とされていないことも課題のひとつです。例えば小さなお子さんにこの治療法を適用するかどうかは、より慎重に検討されなければいけません。しかし、テクノロジーの進化によって重粒子線治療はさらに高度化していくでしょうし、医師や医学物理士、放射線技師に看護師も含めた複数のエキスパートが集まり、チーム一丸となって治療に当たれることは、この現場の醍醐味でもあると思います」(加藤氏)

「間違いなく言えるのは、『i-ROCK』があることでがん治療に関わる放射線治療のスタッフとして、最も良いと考えるものを患者さんに提案できるということ。医者の立場からすると非常にありがたいことです」(加藤氏)

科学と医療現場の叡智を結集し、より多くの患者を救うことができる未来に向け、着実に前進している――。最後にそんな実感を、加藤氏は力を込めて語ってくれた。

神奈川県立がんセンター 放射線腫瘍科・重粒子線腫瘍センター 重粒子線治療部長 加藤弘之氏

患者さんを治療するという、熱い想いを込めて

■関連サイト
神奈川県立がんセンター 重粒子線治療施設「i-ROCK」
東芝エネルギーシステムズ株式会社「重粒子線治療装置」サイト
  • ↓ スクロールで続きを読む ↓