loading
TOP > 社会インフラ > ビルの保全にもクラウド×AI革命 東芝が提供する解決策とは

ビルの保全にもクラウド×AI革命 東芝が提供する解決策とは


現場データ活用が新ビジネスの共創につながる

Sharepoは、当初、中小規模のビル管理会社向けのソリューションとして開発したが、商品PRや提案活動を進めるうち、大規模ビルや工場、大型商業施設を管理する大手のビル管理会社でも設備保全や点検・検針作業のICT化が求められている状況だったことがわかった。

「これまで、設備トラブルを未然に防いだり、発生時にいち早く復旧したりする現場対応力は、熟練作業員個人の長年の経験と勘、作業員の職人魂と力量によって支えられてきました。しかし、それはビル管理会社の大小に関わらず、共通の事象でした。そのため、昨今の人手不足や熟練作業員枯渇といった課題に対し、会社規模の大小に関わらず、全てのビル管理会社が解決策を求めており、Sharepo のような現場向けICTソリューションが有効と考えています」(櫻井氏)

Sharepoは、熟練作業員の経験や勘という暗黙知をデータ化(見える化)し、設備保全の質を高める。また、トラブルの発生頻度を減らす『予防保全』や、人為的なミス防止機能などで、就業期間が短い作業員でも一定のパフォーマンスが出せる仕組み作りを支援できる。しかしながら、複数の作業員で相互確認し合う作業を一人でできるようにしたり、既存の作業フローを簡素化したりするなど、現場の作業をICT化していく取り組みはまだまだ必要で、喫緊の課題でもある。

「今、Sharepoで収集した現場データの利活用、蓄積データの分析を通して創り出すソリューションに対する期待は非常に大きいです。業界をリードする企業などとの共創で、Sharepoをビル管理業界におけるフィジカルとサイバーを繋げるツールに進化させていきたいと考えています。
業種・業界、ビル施設の用途や規模の大小、ビル設備の納入時期や仕様、収集する現場データごとに、データの有効活用のかたちがあると思います。まだまだ共創は始まったばかりです。

Sharepoのサービスを通して、データを収集・蓄積・解析し、お客様の課題を抽出して解決する。そのプロセスで得られた知見に、他の案件で蓄積されているノウハウや付加価値を加え、さらに上位の課題解決に取り組む。共創先と一緒になって、理想的なサービスを形創っていけたらと思います」(櫻井氏)

この動画は2019年7月17日に公開されたものです。

■関連サイト
ビル・施設ソリューション事業:Sharepo
  • ↓ スクロールで続きを読む ↓