loading
TOP > 変革への情熱を抱き すべてのチャンスを掴む – We Are Toshiba【インド編】

変革への情熱を抱き すべてのチャンスを掴む – We Are Toshiba【インド編】


インフラサービスカンパニーとしてあり続けるために

東芝は、インフラサービスカンパニーとして、エレベーター、エアコン、エネルギー、電池、鉄道システム、水処理システム事業など、様々なインフラサービスをお客様に提供し、社会を支える重要な責任を担う企業だとジェイブ氏は、胸を張る。そして、お客様へ最適な製品やサービスを届けるためには、他部門やグループ会社との連携が重要だと語る。

「我々がインフラサービスカンパニーであり続けるために、コミュニケーションとチームワークは、最も重要な要素です。最近は、ブランディングチームや事業開発チームとの交流が徐々に進んできました。そして、インドの様々なビジネスをつなぐことにも積極的に取り組んでいます。今後は、他のグループ会社とのつながりや交流も、改善していきたいと考えています」

ジェイブ氏の職場での様子 その4

ジェイブ氏は、世界中の東芝の仲間に伝えたい言葉があるという。

「どれだけ大きな仕事でも臆することはありません。大きな目標を、小さな複数の目標に分けて考えることが肝心です。その小さな目標をチームで共有し、チームワークで進めてください。また、自分の意見を大切にすることと、綿密な計算のもと、大胆にリスクを取っていくことも必要となります。私たちは世界中の多くの国や地域で活動していますが、One Toshibaとしての想いは一緒です。新しい未来を一緒に始動させましょう」

集合写真

東芝理念体系
  • ↓ スクロールで続きを読む ↓