TOP > 研究開発社会インフラ > 社会を支えるリチウムイオン電池 ある日本人の貢献

社会を支えるリチウムイオン電池 ある日本人の貢献


社会を支えるリチウムイオン電池 ある日本人の貢献

先月発表された2015年のノーベル賞は、昨年に続き今年も日本人が受賞を果たした。世界屈指の科学大国として画期的な研究が進められてきた日本の科学技術は、今後も評価され、数々の研究が脚光を浴びることになるだろう。

その一つとして挙げられるのが、電池の性能を飛躍的に上げることに成功したリチウムイオン電池の開発だ。小さくて高電圧、さらに軽いという、充電池は重くて大きいというそれまでの概念を覆した新しい電池は、パソコンやスマートフォン、ハイブリット車などの電源などに使用され、現代の生活には欠かせない存在となっている。

今回は、かつてリチウムイオン電池の研究に携わった水島公一氏のインタビューを通して、世界的な発明であるリチウムイオン電池の開発の秘密に迫った。水島氏は東芝研究開発センター( http://www.toshiba.co.jp/rdc/ )で研究員を務め、現在は東芝リサーチ・コンサルティング株式会社で氏の功績をたたえ、特別に設けられたエグゼクティブフェローの職にある。

リチウムイオン電池のしくみ

SCiB

参考:東芝製リチウムイオン二次電池SCiB™(高出力タイプ 3Ah)

リチウムイオン電池の最大の特徴は、小さくて軽いにも関わらず、容量が大きく、高い電圧も得られるという点だ。そのため、様々な製品を充電池で長時間動かすことが可能になった。

そもそもリチウムイオン電池は、正極(電池のプラスの電極)と負極(マイナスの電極)の間をイオンが移動することで電気が起こる仕組みで、スイッチを入れると負極からリチウムイオンと電子が抜け出し正極へ向かう。その過程で電子は製品の中で動力として働く。この仕組みをうまく再現するには、電極にどんな材料を使用するかが大きなポイントとなる。

物理学の博士課程を修了後、大学で助手を務めていた水島氏は、1978年オックスフォード大学で電池の正極材料の探索を始めた。この頃はまだ、どの材料が最適かわかっておらず、未知の材料を試していくことになった。しかし、この材料選びが想像以上に難航することになる。

実験中に爆発!

リチウムを使用した電池は、実は当時から存在していた。負極には金属単体のリチウムを、正極には硫化物を使う「リチウム電池」と呼ばれるものだ。硫化物電極は、それまでの正極に比べはるかに優れた特性があったため、水島氏らもそれにならい、隣の研究室の炉を借りて、硫化物の合成から研究をはじめた。しかし、ある日、実験中に爆発を起こしてしまう。それを受けて、以降の材料選びは安全に合成できる酸化物の中から探索することとした。

その後水島氏は、鉄やマンガンの酸化物など様々な材料を試していく中で、ついに最善の材料を発見する。それが『コバルト酸リチウム』だった。 水島氏の材料探索の考え方は、他の研究者と一線を画しており、当時オーソドックスだった「リチウムイオンを挿入できる材料の探索」から始めるのではなく、「リチウムを抜き取れる材料の探索」に注目するという逆転の発想であった。そのうえコバルトは、幸運にもリチウムを抜き取れるだけでなく、これまでの2倍近い4Vの高電圧な放電によって再び挿入することもできた。

この発見により、リチウムイオン電池の研究は一気に加速していくことになる。

コバルト

> 次ページ実用電池に不可欠だったもの

Related Articles Related Articles
  • 逆境をチャンスに! 受け継がれる超電導技術の未来とは?

    逆境をチャンスに! 受け継がれる超電導技術の未来とは?

  • 電気抵抗ゼロの世界 超電導技術の大いなる飛躍

    電気抵抗ゼロの世界 超電導技術の大いなる飛躍

  • シャンデリアにLEDを 新素材GaNが支える“コンパクト”の裏側

    シャンデリアにLEDを 新素材GaNが支える“コンパクト”の裏側

  • 量子コンピューター時代を後押しする 新たな耐量子公開鍵暗号技術とは?

    量子コンピューター時代を後押しする 新たな耐量子公開鍵暗号技術とは?

  • 半導体技術×新材料=課題解決!? 水素センサーで社会をより安全に

    半導体技術×新材料=課題解決!? 水素センサーで社会をより安全に

  • EV×シェアリング!? EV×自動運転!? 次世代電池と進むEV普及のその先へ

    EV×シェアリング!? EV×自動運転!? 次世代電池と進むEV普及のその先へ

  • マレーシアで実証事業スタート! EVバスがもたらす環境都市の未来とは?

    マレーシアで実証事業スタート! EVバスがもたらす環境都市の未来とは?

  • モノづくり現場の「技」の伝承 若きホープと匠の絆

    モノづくり現場の「技」の伝承 若きホープと匠の絆

  • 原子炉格納容器の内部を探る 水中遊泳ロボットの奮闘!

    原子炉格納容器の内部を探る 水中遊泳ロボットの奮闘!

  • 文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

    文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

  • 佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

    佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

  • 日本人に最適化したゲノム解析ツール 『ジャポニカアレイ®』が拓く未来とは!?

    日本人に最適化したゲノム解析ツール 『ジャポニカアレイ®』が拓く未来とは!?

  • モーターには希少資源が使われていた!? 忘れられた磁石リバイバルへの挑戦

    モーターには希少資源が使われていた!? 忘れられた磁石リバイバルへの挑戦

  • 電子ミラーで車体が透ける? コックピットソリューションの最前線

    電子ミラーで車体が透ける? コックピットソリューションの最前線

  • 東芝 技能の人 ぶれない「技」への思い

    東芝 技能の人 ぶれない「技」への思い

  • 東芝 技能の人 明日へのメッセージ

    東芝 技能の人 明日へのメッセージ

  • 謎の“ボール消失現象”を追え LED研究者がフィールドを走る

    謎の“ボール消失現象”を追え LED研究者がフィールドを走る

  • 産業用ドローンの新時代 電力インフラ点検で異業種コラボ

    産業用ドローンの新時代 電力インフラ点検で異業種コラボ

  • 自動運転、ドローンへの応用にも期待大 単眼1ショットで画像と距離を同時撮影!

    自動運転、ドローンへの応用にも期待大 単眼1ショットで画像と距離を同時撮影!

  • ICTの力で戦略立案や選手強化を! 日本ラグビーはさらなる進化へ――!

    ICTの力で戦略立案や選手強化を! 日本ラグビーはさらなる進化へ――!

  • モノやサービス、そしてライフスタイルも― UX視点のデザインには終わりがない

    モノやサービス、そしてライフスタイルも― UX視点のデザインには終わりがない

  • うれしい体験をつくり出す UXデザイン視点のモノづくり

    うれしい体験をつくり出す UXデザイン視点のモノづくり

  • 理論上絶対に破られない! 光の粒子を使った暗号鍵とは?

    理論上絶対に破られない! 光の粒子を使った暗号鍵とは?

  • 進化する双腕ロボット 人間とロボットの共存実現へ

    進化する双腕ロボット 人間とロボットの共存実現へ

  • 被疑者の顔と逃走経路を瞬時に特定 ビッグデータを高速照合する技術

    被疑者の顔と逃走経路を瞬時に特定 ビッグデータを高速照合する技術

  • 軌跡が光の文字になるwordee™ 新しいアイデアが「Toshiba Startup」できらめく

    軌跡が光の文字になるwordee™ 新しいアイデアが「Toshiba Startup」できらめく

  • アインシュタインからの宿題に答え、 宇宙の果てを見る「KAGRA」

    アインシュタインからの宿題に答え、 宇宙の果てを見る「KAGRA」

  • 進化する次世代自動車 ケーブルなしで充電できるEVバス

    進化する次世代自動車 ケーブルなしで充電できるEVバス

  • ほしい音声を思いのままに 「声デザイン」技術

    ほしい音声を思いのままに 「声デザイン」技術

  • 世の中にまだない製品を クラウドファンディングから生まれた新しいモノづくり

    世の中にまだない製品を クラウドファンディングから生まれた新しいモノづくり

Archives
  • エネルギー
  • 社会インフラ
  • 電子デバイス
  • デジタルソリューション
  • 研究開発
  • 人・取り組み