TOP > 電子デバイス > 風船のヘリウムガスが内部に? クラウド時代を支えるHDD大容量化技術

風船のヘリウムガスが内部に? クラウド時代を支えるHDD大容量化技術


風船のヘリウムガスが内部に? クラウド時代を支えるHDD大容量化技術

この記事の要点は…

ポイント1 クラウド時代を支える大容量HDD

ポイント2 ヘリウム充填によりHDDのさらなる大容量化が可能に

ポイント3 東芝が従来型記録方式で世界最大容量のHDDを開発

スマホで撮った写真をクラウド上に保存する。会社で使う資料をクラウド上に保存し、同僚と共有する。私たちは生活のさまざまなものをデータ化し、クラウド上に保存することが当たり前の時代になった。その結果、世界中で生成・蓄積されるデータ量が加速度的に増加し、データの保存先となるデータセンターはより多くの情報を保管することを求められている。

多くの場合、データの保存はハードディスクドライブ(HDD)が用いられる。HDDは、データを記憶するノートの役割をする円盤状の磁気ディスクが高速で回転しながら、ペンの役割をする磁気ヘッドを使ってデータの書き込みと読み出しを行う。

3.5型大容量HDD

3.5型大容量HDD

クラウドサービス用の大規模データセンターを運営する企業が求めるHDDは、ニアラインHDDと呼ばれる大容量HDDだ。

理論上、磁気ディスクの枚数が増えれば、記録できるデータも多くなる。しかし、毎分7,200回転という高速回転をさせながらデータの読み書きをするニアラインHDDにおいて、多くの磁気ディスクを入れると耐久性の悪化や消費電力増加などの問題に加え、業界標準サイズの筐体内に搭載できる磁気ディスクの枚数の増加には物理的な制約があった。

そのような中、2017年12月、東芝は従来型磁気記録(CMR)方式で世界初、世界最大容量(※1)の14TB(テラバイト)を実現したニアラインHDDを開発した。HDDの中に搭載される磁気ディスクを、それまで業界最大だった8枚から9枚に増やすことに成功したのである。その立役者が、HDDの中の空気をヘリウムガスに変更することであった。空気よりも軽いヘリウムガスを充填したことで搭載枚数を増やし、磁気ディスクそのものの高記録密度化にも成功した。さらに、世界最大容量を実現しただけでなく、消費電力も一世代前の10TBモデルよりも40%以上向上し、平均故障時間(MTTF)は250万時間という高信頼性を実現したのである。

(※1) 3.5型・高さ26.1mmのフォームファクタとして。2017年12月8日時点。当社調べ。詳細については、2017年12月8日東芝デバイス&ストレージ(株)の報道発表文を参照。

大容量化と低消費電力を実現した新しいHDD製品化の開発ストーリーを、HDDを知り尽くした東芝デバイス&ストレージ株式会社で営業を担当する藤森将文氏と設計を担当する佐藤巧氏に聞いた。

> 次ページ 大容量化を可能にした取り組みとは?

Related Articles Related Articles
  • サイバーとフィジカルの融合 技術トップが語る未来像(前編)

    サイバーとフィジカルの融合 技術トップが語る未来像(前編)

  • 「東京都トップレベル事業所」に選出  東芝・府中事業所の5つの実験的取り組みとは!?

    「東京都トップレベル事業所」に選出 東芝・府中事業所の5つの実験的取り組みとは!?

  • 見て、考えて、動く! 受け継がれるロボットづくりのDNA

    見て、考えて、動く! 受け継がれるロボットづくりのDNA

  • デジタルトランスフォーメーション デジタルと人のパラドックス

    デジタルトランスフォーメーション デジタルと人のパラドックス

  • 半導体が拓く自動車の未来 ~車載半導体最前線~

    半導体が拓く自動車の未来 ~車載半導体最前線~

  • 1980年代にスマート工場の発想が! 産業用コントローラで時代を先取り

    1980年代にスマート工場の発想が! 産業用コントローラで時代を先取り

  • IoT、AI時代のSDGs 求められる新たなソリューションとは

    IoT、AI時代のSDGs 求められる新たなソリューションとは

  • IoT×SDGsがもたらす変革 デジタルソリューションに宿るモノづくりのスピリット

    IoT×SDGsがもたらす変革 デジタルソリューションに宿るモノづくりのスピリット

  • 意外と知らない半導体 IoT時代にディスクリートが秘める可能性とは?

    意外と知らない半導体 IoT時代にディスクリートが秘める可能性とは?

  • 情報管理の新常識 レシートから未来の革新へ

    情報管理の新常識 レシートから未来の革新へ

  • マンホールアプリ「Manhoo!」が 生み出す新たな情報の姿とは?

    マンホールアプリ「Manhoo!」が 生み出す新たな情報の姿とは?

  • なんでも接着 なんでもつながる “分子接合”で広がるIoTの可能性

    なんでも接着 なんでもつながる “分子接合”で広がるIoTの可能性

  • ビジネスモデルを変える力 IoTアーキテクチャー「SPINEX」

    ビジネスモデルを変える力 IoTアーキテクチャー「SPINEX」

  • 「ソサエティー5.0」の衝撃 第5の新たな社会とは

    「ソサエティー5.0」の衝撃 第5の新たな社会とは

  • スタートアップと大企業が組んだ オープンネイルの“確信”

    スタートアップと大企業が組んだ オープンネイルの“確信”

  • 指先がデバイスになる!? “革新”のオープンネイル

    指先がデバイスになる!? “革新”のオープンネイル

  • AI新時代を生きる― 「技術の東芝」を追い求める研究者たち

    AI新時代を生きる― 「技術の東芝」を追い求める研究者たち

  • 老舗のAI技術を人々の身近な生活の中に ~東芝コミュニケーションAI「RECAIUS™」~

    老舗のAI技術を人々の身近な生活の中に ~東芝コミュニケーションAI「RECAIUS™」~

  • 自動運転を支えるAI ~画像認識プロセッサ「Visconti™」~

    自動運転を支えるAI ~画像認識プロセッサ「Visconti™」~

  • 東芝の半導体工場から世界へ ~AIで社会の最適化を目指す~

    東芝の半導体工場から世界へ ~AIで社会の最適化を目指す~

  • 『AI企業』50周年のその先へ ~東芝が目指すAIとは~

    『AI企業』50周年のその先へ ~東芝が目指すAIとは~

  • 産業用ドローンの新時代 電力インフラ点検で異業種コラボ

    産業用ドローンの新時代 電力インフラ点検で異業種コラボ

  • IoTで変わる!未来エレベーター 柔軟な発想がビジネスのヒントに

    IoTで変わる!未来エレベーター 柔軟な発想がビジネスのヒントに

  • インバウンドサービスで活躍 ビーコン活用 実証実験をレポート

    インバウンドサービスで活躍 ビーコン活用 実証実験をレポート

  • スマホを使って看板を翻訳 インバウンド対応はここまで進化した!

    スマホを使って看板を翻訳 インバウンド対応はここまで進化した!

  • 自動運転、ドローンへの応用にも期待大 単眼1ショットで画像と距離を同時撮影!

    自動運転、ドローンへの応用にも期待大 単眼1ショットで画像と距離を同時撮影!

  • スポーツ映像アナリティクスの最前線 ディープラーニング×画像認識技術の可能性

    スポーツ映像アナリティクスの最前線 ディープラーニング×画像認識技術の可能性

  • ICTの力で戦略立案や選手強化を! 日本ラグビーはさらなる進化へ――!

    ICTの力で戦略立案や選手強化を! 日本ラグビーはさらなる進化へ――!

  • ロシアを驚かせた郵便区分機 日本式インフラの革命技術

    ロシアを驚かせた郵便区分機 日本式インフラの革命技術

  • 新しい半導体ビジネスが 日本の製造業の未来を拓く

    新しい半導体ビジネスが 日本の製造業の未来を拓く

Archives
  • エネルギー
  • 社会インフラ
  • 電子デバイス
  • デジタルソリューション
  • 研究開発
  • 人・取り組み