loading
TOP > 東芝 技能の人 明日へのメッセージ

東芝 技能の人 明日へのメッセージ


東芝 技能の人 明日へのメッセージ
この記事の要点は…

研究者と製作現場をブリッジする技能者

高精度な部品加工は機械と技能者の経験値の融合

限られた世界にとどまらず、たくさんの知識・経験を吸収すべき

不断の努力で腕を磨き、卓越したスキルを培ってきた技能者がいる。社内外で数多くの技能表彰を受けてきた生産技術センターの葉山憲二氏に登場いただき、生産活動を支えてきた高精度な技術の一端を聞いていこう。

生産技術センター メカトロソリューション推進部 製造課 技能主査 葉山憲二氏

生産技術センター メカトロソリューション推進部 製造課 技能主査 葉山憲二氏

研究者と製造現場をブリッジする――フレキシブルな技能者のあり方とは

葉山氏は、東芝グループのものづくりを支える生産技術センターに在籍。研究試験機や製品の試作品など「先行要素開発」、生産に必要な「製造ライン・設備開発」を担当するメカトロソリューション推進部製造課で腕をふるっている。

さっそく、葉山氏が注力する「研究部品加工」のフローを通し、技能の人のいまに迫ってみよう。ポジションは、研究者と製造現場の間。研究者の依頼を数値化、図面化して、製作の現場に具体化して落とし込むのが役割だ。

「研究者の要望をそのまま現場に落としても伝わりません。こういうものを作りたいというニーズやイメージを丁寧にくみ取り、寸法などに数値化したり、図面化したりして現場との間を取り持ちます。研究者というお客さまにとって最適なものを、ベストな状態で届ける。それが私たちの仕事なのです」

特殊放電ユニットを例にとって説明いただこう。これは半導体デバイスの製造に欠かせない主要設備の心臓部。半導体の超微細な集積回路の大量生産を可能にするためのキーパーツ。ユニットを構成している部品の加工精度がユニットの性能を左右する。ユニットの性能が安定しないと放電出力がぶれるため、最終製品の品質が不安定となり、生産性のダウンを招きかねない。部品の加工精度に高いレベルが要求される。

生産技術センター メカトロソリューション推進部 製造課 技能主査 葉山憲二氏

「部品の精度をどうやったら高められるか。どうやったらスピーディーに作れるか。製造工程を考え、現場にフィードバックしていきます。私たちがテストするような整った環境ではなく、実際の製造現場でフルに力を発揮できるよう、どうやってチューニングしていくかが課題ですね」

メカトロニクスがいかに発達しても、機械を使いこなすのは人間だ。振動、温度、湿度など、製造環境にはさまざまなファクターがある。葉山氏のような技能者が経験をフルに投入して初めて、加工機のポテンシャルを生かした精度が安定して出せるようになる。

要求精度、コスト、スピード。技能者にはさまざまな評価がある。「自分が満足するもの、そして研究者と現場が受け取って、満足できるものを納めたい」と葉山氏は静かに語った。作り手の満足とお客さまの満足が一致する――そこにこそ技能者が目指すべきゴールがある。

> 次ページ造船の街から東芝へ――「技能の人」ができるまで

  • ↓ スクロールで続きを読む ↓