loading
TOP > 研究開発 > 日本初の白熱電球 暗闇を照らす一筋の光

日本初の白熱電球 暗闇を照らす一筋の光


日本初の白熱電球 暗闇を照らす一筋の光

私たちの暮らしに欠かせない「明かり」。1879年10月21日、エジソンによって世界で初めて実用的な白熱電球が開発され、その偉業を称えるとともに照明のもつ意義をあらためて認識するため、毎年10月21日は「あかりの日」に制定されている。

照明技術は人類の生活に劇的な変化をもたらした。日本においては、エジソンの指導を受けた藤岡市助の尽力により1890年に日本初の白熱電球が誕生した。今回は、その進化の歴史を辿ってみたい。

日本初の白熱電球

下の写真を見ていただこう。これが藤岡家から寄贈された日本初の白熱電球だ。

日本初の白熱電球

JR東日本川崎駅直結の東芝未来科学館では、ヒストリーゾーンとして、創業者の田中久重と藤岡市助の生涯や、「日本初」「世界初」となった東芝製品の展示を行っている。日本初の白熱電球は一体どんなものだったのか。本館アテンダントにその誕生の秘密を訊いた。

「日本初の白熱電球は、フィラメントの部分に京都の岩清水八幡宮の竹が使われており、これはエジソンが使ったものと同じものです。エジソンは世界中から7,600種類もの素材を集めて、ようやく京都の竹にたどり着いたといわれています。

竹ひごを炭化させて光らせるというものなので、当時はこのフィラメントが焼き切れることが電球の寿命となっていました。

また、初期の電球は、電球の先にチップと呼ばれる角のようなものがついているのも大きな特徴です。このチップは、当時の技術では真空をつくるときにどうしてもできてしまうもので、故意につけたものではありませんでした。

しかし、破損や怪我の原因となってしまったため改良が重ねられ、現在のような丸い形となりました」

初期のチップ付き電球

初期のチップ付き電球

展示では実際に当時の電球に明かりをつけることができるが、その光量は明るい展示ルームの中では、目を凝らすことでようやく確認できるほどの非常に弱いものだ。しかし、ここから様々な工夫が加えられ、徐々に現在のような明るい電球へと進化を遂げることとなる。

点灯前

点灯前

点灯後

点灯後。わずかに明かりが灯っている。

ランプの「世界6大発明」

白熱電球は登場以来、明るさはもちろんのこと、さまざまな工夫がなされていった。白熱電球が製品化され、主力商品として活躍したのが 「マツダランプ」と呼ばれる電球だ。商品のネーミングはゾロアスター教の主神で光の神でもあるアウラ・マツダから来ている。さらに電球には「ランプの世界6大発明」と呼ばれる画期的な発明があるが、 そのうちの2つを東芝が保有している。

ひとつめの6大発明は、世界初の二重コイル電球です。こちらは三浦順一によってつくられ、フィラメントが2つ使われているのが特徴です。これにより、ガスによる熱消失を低減し、電球の効率を飛躍的に高めることができました」

世界初の二重コイル電球

世界初の二重コイル電球

もうひとつの6大発明は、世界初の内面つや消し電球です。電球の改良が進み明るさが増してくると、だんだんとまぶしさが問題となってきました。こちらの電球では内側をすりガラスにすることで、柔らかい光であたりを照らすことができるようになりました。これが現在の電球の原型になっています」

世界初の内面つや消し電球

世界初の内面つや消し電球

> 次ページ電球開発から産み出された新製品たち