TOP > 研究開発社会インフラ > 進化する次世代自動車 ケーブルなしで充電できるEVバス

進化する次世代自動車 ケーブルなしで充電できるEVバス


進化する次世代自動車 ケーブルなしで充電できるEVバス

この記事の要点は…
ケーブルなしで充電可能なEVバス

数年後、一般車へも普及が見込まれる

ワイヤレス充電は自動車以外の応用も

環境に配慮した次世代の自動車と期待される電気自動車(EV)。さまざまな国や企業で研究が進んでおり、国内でも近隣拠点間連絡用の企業バスや、空港や観光地などで使用される巡回バスにEVバスが取り入れられるなど、私たちの生活にも浸透してきている。

富士経済の調査結果によると、2015年のPHV、EVの合計世界市場は55万台。2035年には22倍超となる1,232万台にまで達すると予測している。

EVバスをネクストステージへ!早稲田大学との共同開発

しかし、実用化へはまだまだ課題も多く、充電時間が長いことや、燃費の問題が挙げられる。例えば、長距離を走るためには電池の搭載量を増やす必要があるが、搭載量が増えると電池の重さで燃費が悪くなってしまうなど難しい問題を抱えている。また、雨天時は充電用ケーブルの着脱が面倒という声もあり、現場のオペレーション面で大きな負担があった。

東芝ではそうした課題を解決するため、環境省委託事業「CO2排出削減対策強化誘導型技術開発・実証事業」の一環として、早稲田大学理工学術院紙屋雄史教授研究室と共同で独自の中型EVバスを開発。

この動画は2016年5月30日に公開されたものです。

バス電動化の促進に向け、実証実験がスタート

東芝のEVバスは、2016年5月より、国際戦略総合特区である川崎市殿町のキングスカイフロント地区および羽田空港、それらの周辺地域において、川崎市・全日本空輸株式会社の協力を得て、小型・中型2台のEVバスを運行。ワイヤレス充電システムを共用する実証試験を行っている。

羽田空港で実証試験を行っているEVバス

羽田空港で実証試験を行っているEVバス

本試験では、ディーゼルバスと比較した場合のCO2削減量を公道ルートでの走行に基づいて実証するほか、長期間の実証実験でワイヤレス充電技術の耐久性・耐候性などもチェックしていく。

今回のEVバスは利便性が格段に増すとともに、最高速度は時速94km(※)にまで上がり、これまで難しいとされていた高速道路の走行も可能になった。共同で開発を進めた紙屋教授も普及へ向け大きな期待を寄せている。

「今回のプロジェクトでは、完成度の高い”短距離走行・高頻度充電型電気バスシステム”を構築することに成功しました。今回実施する試験は,当コンセプトを採用した電気バスを高速道路運行に初めて応用することを目的としています。ここで得られる知見は、今後のバス電動化の促進に大きく寄与すると確信しています」

(※)車両性能試験結果

> 次ページ進化を支えた2つの技術

Related Articles Related Articles
  • シャンデリアにLEDを 新素材GaNが支える“コンパクト”の裏側

    シャンデリアにLEDを 新素材GaNが支える“コンパクト”の裏側

  • 量子コンピューター時代を後押しする 新たな耐量子公開鍵暗号技術とは?

    量子コンピューター時代を後押しする 新たな耐量子公開鍵暗号技術とは?

  • 低炭素社会実現の鍵となるか 存在感を増す「パワーデバイス」とは?

    低炭素社会実現の鍵となるか 存在感を増す「パワーデバイス」とは?

  • 意外と知らない半導体 IoT時代にディスクリートが秘める可能性とは?

    意外と知らない半導体 IoT時代にディスクリートが秘める可能性とは?

  • 半導体技術×新材料=課題解決!? 水素センサーで社会をより安全に

    半導体技術×新材料=課題解決!? 水素センサーで社会をより安全に

  • EV×シェアリング!? EV×自動運転!? 次世代電池と進むEV普及のその先へ

    EV×シェアリング!? EV×自動運転!? 次世代電池と進むEV普及のその先へ

  • マレーシアで実証事業スタート! EVバスがもたらす環境都市の未来とは?

    マレーシアで実証事業スタート! EVバスがもたらす環境都市の未来とは?

  • SDGsの取り組みがもたらす、 新たな世界の姿とは

    SDGsの取り組みがもたらす、 新たな世界の姿とは

  • 原子炉格納容器の内部を探る 水中遊泳ロボットの奮闘!

    原子炉格納容器の内部を探る 水中遊泳ロボットの奮闘!

  • ヤギ・ひつじでCO2削減!? 緑地から広がるCSRの種

    ヤギ・ひつじでCO2削減!? 緑地から広がるCSRの種

  • 文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

    文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

  • 佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

    佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

  • 日本人に最適化したゲノム解析ツール 『ジャポニカアレイ®』が拓く未来とは!?

    日本人に最適化したゲノム解析ツール 『ジャポニカアレイ®』が拓く未来とは!?

  • モーターには希少資源が使われていた!? 忘れられた磁石リバイバルへの挑戦

    モーターには希少資源が使われていた!? 忘れられた磁石リバイバルへの挑戦

  • 電子ミラーで車体が透ける? コックピットソリューションの最前線

    電子ミラーで車体が透ける? コックピットソリューションの最前線

  • エネルギーとして本格導入!? 2030年、水素社会がやってくる

    エネルギーとして本格導入!? 2030年、水素社会がやってくる

  • 乗り物は水素で動かす時代へ そのメリットと可能性とは

    乗り物は水素で動かす時代へ そのメリットと可能性とは

  • 謎の“ボール消失現象”を追え LED研究者がフィールドを走る

    謎の“ボール消失現象”を追え LED研究者がフィールドを走る

  • 自動運転を支えるAI ~画像認識プロセッサ「Visconti™」~

    自動運転を支えるAI ~画像認識プロセッサ「Visconti™」~

  • 産業用ドローンの新時代 電力インフラ点検で異業種コラボ

    産業用ドローンの新時代 電力インフラ点検で異業種コラボ

  • 自動運転、ドローンへの応用にも期待大 単眼1ショットで画像と距離を同時撮影!

    自動運転、ドローンへの応用にも期待大 単眼1ショットで画像と距離を同時撮影!

  • 実現はもうすぐそこに!? 自動運転車が創りだす未来の社会とは

    実現はもうすぐそこに!? 自動運転車が創りだす未来の社会とは

  • 東寺五重塔が金色に輝く京都の夜 綿密に設計されたライトアップ

    東寺五重塔が金色に輝く京都の夜 綿密に設計されたライトアップ

  • 理論上絶対に破られない! 光の粒子を使った暗号鍵とは?

    理論上絶対に破られない! 光の粒子を使った暗号鍵とは?

  • サバンナから湧き出る地熱が アフリカ経済を加速する

    サバンナから湧き出る地熱が アフリカ経済を加速する

  • 進化する双腕ロボット 人間とロボットの共存実現へ

    進化する双腕ロボット 人間とロボットの共存実現へ

  • 被疑者の顔と逃走経路を瞬時に特定 ビッグデータを高速照合する技術

    被疑者の顔と逃走経路を瞬時に特定 ビッグデータを高速照合する技術

  • 軌跡が光の文字になるwordee™ 新しいアイデアが「Toshiba Startup」できらめく

    軌跡が光の文字になるwordee™ 新しいアイデアが「Toshiba Startup」できらめく

  • 温暖化対策のキーワードは「X」 エックスフォルムが空調を変えた

    温暖化対策のキーワードは「X」 エックスフォルムが空調を変えた

  • アインシュタインからの宿題に答え、 宇宙の果てを見る「KAGRA」

    アインシュタインからの宿題に答え、 宇宙の果てを見る「KAGRA」

Archives
  • エネルギー
  • 社会インフラ
  • 電子デバイス
  • デジタルソリューション
  • 研究開発
  • 人・取り組み