TOP > 研究開発 > 進化する双腕ロボット 人間とロボットの共存実現へ

進化する双腕ロボット 人間とロボットの共存実現へ


進化する双腕ロボット 人間とロボットの共存実現へ

この記事の要点は…
100kgの荷物を運べる人型ロボット

人の作業スペースに設置可能

人と共に働くことを第一に考えたデザイン

店頭で接客にあたるものや、スマートフォンと連携したものなど、ロボットは我々の生活に、着実に身近なものになりつつある。

他方、生産ラインでは、産業用ロボットの導入が自動車業界を中心に進められてきたが、多品種少量生産が求められる業界ではロボットの導入が遅れている。人口減少による競争力低下を見越せば、生産ラインへのロボット導入は必須だが、もう1段階のブレイクスルーが待たれる状況といえる。

そんな中、東芝が開発した双腕ロボットは、従来の市販ロボットを大きく上回るパワーや高い作業精度を持ち合わせ、来るべき”人とロボットが共に働く社会”の実現を、リアルに期待させてくれるものだ

東芝の双腕ロボットの稼動する様子をご紹介。
この動画は2017年2月5日に公開されたものです。

油圧と電動。駆動源のベストミックスを実現

この双腕ロボットが注目される最大の理由は、人と同じ作業スペースに設置できるコンパクトさと、運べる荷物の重量にある。これまで各メーカーが提供してきた同種のロボットでは、運べる荷物の重量が小さいという難点があった。かといって重量物の運搬を可能にしようとすると、ロボットも大型化してしまい、生産ラインのスペース効率が悪化してしまう。

ところがこの双腕ロボットは、実に100kgの可搬重量を誇っている。その秘密は、電動アクチュエータ(注)が主流となっている駆動源に、油圧アクチュエータを採用したことにある

「厚生労働省が示した指針から、生産現場の多くは作業者の可搬制限を20kgとしています。これまで主流とされてきた電動駆動では、制御しやすく高精度な作業を行える反面、重量物を運搬する場合には、クレーンなどを駆使する必要がありました。しかし今回の双腕ロボットでは、応答周波数に難ありとされてきた油圧アクチュエータを取り入れ、電動駆動とベストミックスすることで、最大100kgの可搬重量(両腕)と高い精度を実現したのです」(東芝 生産技術センター 高橋宏昌氏)

東芝 生産技術センター 高橋宏昌氏

東芝 生産技術センター 高橋宏昌氏

もともと社会インフラの生産工程を中心に、重量物の搬送ニーズは非常に高いと高橋氏は語る。あえて本流からはずれた油圧駆動を見直し、電動駆動と組み合わせる試みは、吉と出た。応答精度が求められる肘から手首までに電動アクチュエータを、肩から肘にかけての部分と、腰に相当する部位に、油圧アクチュエータを採用。このベストミックスによりパワフルかつ精細な稼働を実現させている

(注) 油圧や電動モータによって、エネルギーを並進または回転運動に変換する駆動装置。

> 次ページ人とロボットが一緒に働く未来に向けて

Related Articles Related Articles
  • マレーシアで実証事業スタート! EVバスがもたらす環境都市の未来とは?

    マレーシアで実証事業スタート! EVバスがもたらす環境都市の未来とは?

  • モノづくり現場の「技」の伝承 若きホープと匠の絆

    モノづくり現場の「技」の伝承 若きホープと匠の絆

  • SDGsの取り組みがもたらす、 新たな世界の姿とは

    SDGsの取り組みがもたらす、 新たな世界の姿とは

  • 原子炉格納容器の内部を探る 水中遊泳ロボットの奮闘!

    原子炉格納容器の内部を探る 水中遊泳ロボットの奮闘!

  • 21世紀のネオ産業革命 Connected Industriesの5本の矢

    21世紀のネオ産業革命 Connected Industriesの5本の矢

  • 水処理には膨大な電気が必要!? 下水道を支える省エネ技術とは?

    水処理には膨大な電気が必要!? 下水道を支える省エネ技術とは?

  • オゾンの力でおいしい水を 高度浄水処理設備の水面下の革新

    オゾンの力でおいしい水を 高度浄水処理設備の水面下の革新

  • 202X年のロボットが夢見る ヒトと機械がつながる社会

    202X年のロボットが夢見る ヒトと機械がつながる社会

  • ライフラインが途絶えた被災地へ 水素がもたらす大きな希望

    ライフラインが途絶えた被災地へ 水素がもたらす大きな希望

  • 文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

    文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

  • 日本が停電に強いのはなぜ? 意外と知らない電力供給のカラクリ

    日本が停電に強いのはなぜ? 意外と知らない電力供給のカラクリ

  • コネクテッドインダストリーズ バイオ技術×デジタルが創る未来!

    コネクテッドインダストリーズ バイオ技術×デジタルが創る未来!

  • 佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

    佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

  • 安全で快適な空の旅を支える 空港の施設を大解剖!

    安全で快適な空の旅を支える 空港の施設を大解剖!

  • 高みへ、そして未来へ昇る エレベーターの最前線

    高みへ、そして未来へ昇る エレベーターの最前線

  • 上りと下りは音で分かる!? 知られざるエレベーターのトリビア

    上りと下りは音で分かる!? 知られざるエレベーターのトリビア

  • 日本人に最適化したゲノム解析ツール 『ジャポニカアレイ®』が拓く未来とは!?

    日本人に最適化したゲノム解析ツール 『ジャポニカアレイ®』が拓く未来とは!?

  • モーターには希少資源が使われていた!? 忘れられた磁石リバイバルへの挑戦

    モーターには希少資源が使われていた!? 忘れられた磁石リバイバルへの挑戦

  • 水素エネルギーについて知っておきたい5つのこと

    水素エネルギーについて知っておきたい5つのこと

  • 電子ミラーで車体が透ける? コックピットソリューションの最前線

    電子ミラーで車体が透ける? コックピットソリューションの最前線

  • 日本企業の出番!! バングラデシュの大いなる可能性

    日本企業の出番!! バングラデシュの大いなる可能性

  • ベトナムの新たなる動脈へ 最先端の情報処理技術が適用された高速道路

    ベトナムの新たなる動脈へ 最先端の情報処理技術が適用された高速道路

  • 日本は世界3位の地熱資源国! 地熱発電のさらなる可能性を追う

    日本は世界3位の地熱資源国! 地熱発電のさらなる可能性を追う

  • エネルギーとして本格導入!? 2030年、水素社会がやってくる

    エネルギーとして本格導入!? 2030年、水素社会がやってくる

  • ビジネスモデルを変える力 IoTアーキテクチャー「SPINEX」

    ビジネスモデルを変える力 IoTアーキテクチャー「SPINEX」

  • 「ソサエティー5.0」の衝撃 第5の新たな社会とは

    「ソサエティー5.0」の衝撃 第5の新たな社会とは

  • スカイツリーより高い!? 落差714メートルの揚水発電所

    スカイツリーより高い!? 落差714メートルの揚水発電所

  • 謎の“ボール消失現象”を追え LED研究者がフィールドを走る

    謎の“ボール消失現象”を追え LED研究者がフィールドを走る

  • AI新時代を生きる― 「技術の東芝」を追い求める研究者たち

    AI新時代を生きる― 「技術の東芝」を追い求める研究者たち

  • 東芝の半導体工場から世界へ ~AIで社会の最適化を目指す~

    東芝の半導体工場から世界へ ~AIで社会の最適化を目指す~

Archives
  • エネルギー
  • 社会インフラ
  • 電子デバイス
  • デジタルソリューション
  • 研究開発
  • 人・取り組み