Japan

TOSHIBA CLIP

sticky cover shadow image

sticky cover dot image

読み込み中

佐賀市発で世界初
最先端のCO2分離回収プラント

この記事の要点は…

世界初!佐賀市の清掃工場でCO2分離回収の意欲的な試みが始動

そもそもCO2分離回収技術って?

火力発電向け技術を清掃工場に適用するためには?

地球温暖化対策の観点から、CO2の排出量削減はグローバルな課題となっている。そこで注目されているのが、火力発電プラントなどから排出されるCO2を分離回収する技術。東芝も手掛ける最先端の技術だ。

このほど、清掃工場の排ガスからCO2を回収し商用利用する、世界初の取り組みが佐賀市で始動した。CO2分離回収プラントが稼働するまで、どのような道のりがあったのか。佐賀市の担当者、プラントを納入した東芝の技術者が振り返る。

東芝 エネルギーシステムソリューション社 北村氏、佐賀市 環境部 前田氏

東芝 エネルギーシステムソリューション社 北村英夫氏(写真左)、佐賀市 環境部 前田修二氏(写真右)

まちぐるみでバイオマスを進める佐賀市がCCUに着目した理由

CO2を分離回収して活用するCCU(Carbon dioxide Capture and Utilization)。日本、そして世界的にも注目されるCCUプロジェクトが佐賀市で始動したのは必然的であった。佐賀市は「バイオマス産業都市構想」を掲げ、廃棄物であったものが資源として循環するまちづくりを推進してきたからだ。さまざまな事業化プロジェクトの筆頭に挙げられているのが、このCO2分離回収プロジェクトである。

佐賀市 環境部 前田修二氏

佐賀市 環境部 バイオマス産業都市推進課 藻類産業推進室 工学博士・環境計量士(濃度)前田修二氏

「清掃工場や下水処理場など市全体を体系的に捉える中で、排ガスにも新たな価値を見出し、循環させていく。低炭素でサステイナブルなまちづくりの中で、このプロジェクトは重要な位置を占めていたのです。そこでさまざまな調査を重ねる中、東芝さんが進めていた三川CO2分離回収パイロットプラントの話を聞きつけ、さっそく視察に向かいました」(佐賀市環境部 前田修二氏)

三川 CO2分離回収パイロットプラント

三川 CO2分離回収パイロットプラント

「三川CO2分離回収パイロットプラント」とは、福岡県大牟田市の三川火力発電所内にあるCO2分離回収技術の開発・実証施設。1日10トンのペースでCO2を分離回収し、商用展開に向け、課題の抽出や解決を繰り返してきた。ここで採用されている化学吸収法による燃焼後回収技術こそ、清掃工場での活用に最適ではないのか――この佐賀市担当者のひらめきが佐賀市と東芝を引き合わせた。

「CO2を清掃工場から分離回収し、近隣の農業に提供していく流れを作りたい。そして何より、次の世代に青空を残したい――市長が先導する中、温暖化防止への熱い志も感じました。バイオマス産業都市構想という大きな循環にCCUを組み込む一助になればという思いから、プロジェクトに参画することになったのです。そこから佐賀市さんと二人三脚の実証実験が始まりました」(東芝 エネルギーシステムソリューション社 北村英夫氏)

東芝 エネルギーシステムソリューション社 北村英夫氏

東芝 エネルギーシステムソリューション社 火力・水力事業部 火力サービス技術部 CCU事業化・技術開発担当 グループ長 北村英夫氏

> 次ページ開発陣が奮闘!火力発電の技術を清掃工場に転用するには?

※別ウィンドウが開きます。

関連記事

このページのトップへ