loading
TOP > ジャパンラグビーを育てた 廣瀬選手が語る究極のリーダー論

ジャパンラグビーを育てた 廣瀬選手が語る究極のリーダー論


ジャパンラグビーを育てた 廣瀬選手が語る究極のリーダー論

ジャパンラグビーの人気が止まらない。2016年1月24日に行われたLIXIL CUP 2016ファイナル「東芝ブレイブルーパスvsパナソニックワイルドナイツ」では、24,000人を超えるファンが集結し、今シーズンのチャンピオンを決める一戦を盛り上げた。

試合終了間際、意地のトライを決め、決まれば優勝というコンバージョンキックは惜しくも外れ、東芝は1点差でパナソニックに敗れた。しかしその健闘を讃えて客席からは大きな拍手が送られた。選手、チーム、観客が一体となって感動を分かち合った瞬間だった。この一戦により、多くの人が改めてラグビーの魅力を体感したに違いない。2019年のワールドカップ日本大会へ向け、国内のラグビー熱は高まるばかりだ。

ジャパンラグビーを支え続ける男

東芝ブレイブルーパス 廣瀬俊朗選手

そんなジャパンラグビーの成長を支え続けている男がいる。東芝ブレイブルーパスの廣瀬俊朗選手だ。廣瀬選手は高校、大学、東芝、日本代表とすべての組織でキャプテンを経験しており、エディー・ジョーンズ氏に「自分がラグビー界で経験した中で、ナンバーワンのキャプテン。日本代表の根幹をつくったのは間違いなく彼だ」と言わしめるほど、キャプテンシーに優れていることでも有名だ。

2015年に日本代表の主将を外れてからも、廣瀬選手はチームのために自分に何ができるのかを熟考し、相手国の動きを徹底研究した。コーチ陣からも南アフリカのアタック分析を頼まれるなど、チームの戦略を立てるうえでも重要な役割を果たしたほか、自主的に関係者700人からのエールVTRを制作し、南アフリカ戦前に控え室で上映。ベンチ入りこそ果たせなかったものの、チームの団結を促し歴史的な勝利に貢献した。

今回はそんな廣瀬選手にラグビーの第一線で培った、組織をひとつにするためのリーダーの心得を訊いた。

勝つチームには大義がある

インタビューに答える廣瀬選手

勝つチームには大義があります。これはラグビーに限らず、すべての組織に共通していることだと思います。そのチームがなぜ存在するか、という意義を皆で考え、共有できるチームは強い。というより、それがないとチームはなかなか前へ進めないんです。私が日本代表でキャプテンを任されていたとき、エディーと常に口にしてきたのは、”日本のラグビーのファンを幸せにできる喜び”と”日本ラグビーの新しい歴史を築いていく楽しさ”の2点でした。実を言うと、エディーには最初の頃、苦手意識をもっていました。これでもかというくらいにきついことを言うし、言葉のかけ方も辛辣です。しかし、彼は日本ラグビーを変えたいという大義を持っていた。だからこそ、一緒に頑張れたという気がします。ラグビーという素晴らしいスポーツに多くの人に触れてもらいたい、そして、そのために私たちは勝利を目指す。それが日本代表の大義となっていました」

勝つためにプレーをするのではなく、ファンにラグビーの素晴らしさを伝えるために勝利を目指す。後者のような大義を皆が共有することで、たとえ試合に負けてしまったとしてもそこには必ずチームの「ストーリー」が生まれる。実際にワールドカップの時も、選手たちは日本代表を応援してくれる人たちとともに喜びを分かち合えるようなプレーを精一杯しようと心掛けていたという。果たして、結果は素晴らしいものとなったが、たとえ結果が出なかったとしても、チーム全員がそういった想いでプレーをしているチームというのは、非常に強い組織に違いない。次の機会に向け、必ず成長していけるだろう。

「ですから、リーダーはどんなに拙い言葉でもよいので、自分の言葉で話をしなければいけません。初めから大義を語ることが難しいなら、自分の言葉で自分の想いを語ればいい。きっと誰しもがチームのメンバーに思っていることがあるはずです。それを素直に伝えればいいんです。私の場合であれば、大事な試合の前には”みんなのことが好きで、みんなと試合ができることが本当に幸せだ”という感謝の気持ちを伝えます。そこから、”ここで日本のラグビーファンを喜ばすことができるのは自分たちだけだ。だから、その使命を果たせる幸せを感じながらプレーしよう”と大義にまで踏み込む。大義があることで、人はつらいことがあってもその先の喜びを想像することができます。使命感が生まれ、頑張れる。そうするとチームが動き出すんです。そのためには、リーダーが自分の言葉で大義や想いを語ることが不可欠だと思います

> 次ページよりよいリーダーになるために、個人としての進化を楽しむ

  • ↓ スクロールで続きを読む ↓