loading
TOP > 社会インフラ > ゲリラ豪雨を予測可能に 進化するフェーズドアレイ気象レーダ

ゲリラ豪雨を予測可能に 進化するフェーズドアレイ気象レーダ


ゲリラ豪雨を予測可能に 進化するフェーズドアレイ気象レーダ

さっきまで晴れていたと思ったら急に雨雲に覆われ、しばらくは外も歩けないほどの豪雨に見舞われる。そんな経験をしたことはないだろうか。

近年、局地的に大量の雨が降るゲリラ豪雨の多発により、各地で大きな被害がもたらされている。土砂災害や河川の氾濫による床下浸水、最悪の場合は、家が濁流に飲み込まれてしまうというような人命に関わる重大な災害につながるケースもある。

都市部では交通機関への影響が出ることも多々あり、会社へ行くことが出来なかったり、重要な打ち合わせに遅れてしまったり、という経験をした人もいるだろう。

このような被害や悪影響を食い止めるには、事前にゲリラ豪雨の予兆を把握することが重要だ。しかし、ゲリラ豪雨は、局地的に、しかも急速に発達する積乱雲によって引き起こされるため、これまで予測が難しいとされてきた

大阪大学に設置されたフェーズドアレイレーダ

大阪大学に設置されたフェーズドアレイレーダ

左から順に、フェーズドアレイアンテナ、レーダ処理装置(データ処理・監視制御・表示)、レーダ制御装置(駆動制御・分電盤)

左から順に、フェーズドアレイアンテナ、レーダ処理装置(データ処理・監視制御・表示)、レーダ制御装置(駆動制御・分電盤)

東芝では、2015年7月より、大阪府及び大阪大学の研究グループと共同で、今まで予測困難だったゲリラ豪雨の予兆をつかみ、防災対策に役立てるための実証実験を開始した。実験は情報通信研究機構(NICT)などの協力のもと行われたが、その中心となるのが、NICT、大阪大学と東芝の3者が共同で開発し、2012年に同大学に設置したフェーズドアレイ気象レーダだ。今回はゲリラ豪雨の予測精度を高めたフェーズドアレイ気象レーダの真価に迫った。

大阪大学、牛尾准教授が“ゲリラ豪雨の卵”を事前にキャッチするフェーズドアレイ気象レーダーを分かりやすく解説。
この動画は2016年3月15日に公開されたものです。

> 次ページ分単位の戦いとなるゲリラ豪雨の予測

  • ↓ スクロールで続きを読む ↓