TOP > エネルギー > スカイツリーより高い!? 落差714メートルの揚水発電所

スカイツリーより高い!? 落差714メートルの揚水発電所


スカイツリーより高い!? 落差714メートルの揚水発電所
この記事の要点は…

地下500mに存在する揚水発電所

高低差で生まれるエネルギーで発電する

他のクリーンエネルギーの調整役として有効

山梨県の山中、地下500メートルの場所に、クリーンエネルギーの発電所が存在する。といっても、太陽光でも風力でもなく、地形的な高低差を生かした揚水発電所である。

葛野川発電所

水力発電は、高いところから低いところへ水を落とし、その位置エネルギーを電気エネルギーに変換する発電システムである。その中でも揚水発電は、上下に貯水池を設け、電気の使用量が比較的少ない時間帯に下池から上池に水をくみ上げ、電気の使用量が多い時間帯に上池から下池に水を落とすことによって発電する。

とりわけ山梨県の「葛野川発電所」では、有効落差714メートルを使って1台で400MWを発電できる、世界最大級の巨大揚水式水力発電システムを備えている。水源豊富で山岳地帯の多い日本にとって、揚水発電は新たなクリーンエネルギーの有力候補になり得るのだろうか――?

電気を水の位置エネルギーとして蓄える揚水発電システムのメリット

「揚水発電では、ポンプ水車を水車として水の力で回し、直結している発電電動機で発電します。そして水をくみ上げる際には、この発電電動機を電動機として電気で動かし、ポンプ水車をポンプとして使って揚水しています。電気というのは使用量と発電量をそろえなければ、品質が悪くなってしまうもの。そのため電力会社は、電気の需要変動に合わせて、常に発電量を調整しています。揚水発電システムはこうした調整に、非常に長けた発電方式といえるでしょう

東芝・水力プラント技術部の森淳二氏

東芝・水力プラント技術部の森淳二氏

そう語るのは、東芝・水力プラント技術部の森淳二氏だ。
揚水発電所は、電気を水の位置エネルギーとして蓄えることのできるシステムであり、いわば「水を使った巨大な蓄電池」と森氏は表現する。

同社が葛野川発電所に納入した4号機は、水を持ち上げる高さを指す「揚程」が785メートルと世界最高値を誇るだけでなく、可変速揚水発電システムとしても世界最大容量機であるという。

葛野川発電所 4号機可変速発電電動機

葛野川発電所 4号機可変速発電電動機

「例えば原子力発電所や大容量の火力発電所は、常に一定の出力で運転したほうが効率的であるため、夜間には余剰電力が生まれてしまいがちです。しかし、運転速度を任意に制御できる可変速揚水発電システムでは、時間帯に合わせて揚水量、つまり電気の使用量をコントロールできるため、調整用に無駄な発電をする必要がありません。」

現在、水力発電所は日本全国に2,000カ所以上あるが、そのうち揚水発電所は約40カ所と少ない。それにもかかわらず、設備容量では水力発電の半分以上を揚水発電が占めている現実があるという。今、あらためて揚水発電に着目し、有効活用する価値は十分あるといえるだろう。

> 次ページ今後ますますニーズを高める揚水発電の調整力

Related Articles Related Articles
  • マレーシアで実証事業スタート! EVバスがもたらす環境都市の未来とは?

    マレーシアで実証事業スタート! EVバスがもたらす環境都市の未来とは?

  • お笑いジャーナリスト・たかまつななさんと学ぶ「SDGs×東芝」

    お笑いジャーナリスト・たかまつななさんと学ぶ「SDGs×東芝」

  • モノづくり現場の「技」の伝承 若きホープと匠の絆

    モノづくり現場の「技」の伝承 若きホープと匠の絆

  • 情報管理の新常識 レシートから未来の革新へ

    情報管理の新常識 レシートから未来の革新へ

  • SDGsの取り組みがもたらす、 新たな世界の姿とは

    SDGsの取り組みがもたらす、 新たな世界の姿とは

  • マンホールアプリ「Manhoo!」が 生み出す新たな情報の姿とは?

    マンホールアプリ「Manhoo!」が 生み出す新たな情報の姿とは?

  • 21世紀のネオ産業革命 Connected Industriesの5本の矢

    21世紀のネオ産業革命 Connected Industriesの5本の矢

  • 水処理には膨大な電気が必要!? 下水道を支える省エネ技術とは?

    水処理には膨大な電気が必要!? 下水道を支える省エネ技術とは?

  • オゾンの力でおいしい水を 高度浄水処理設備の水面下の革新

    オゾンの力でおいしい水を 高度浄水処理設備の水面下の革新

  • 202X年のロボットが夢見る ヒトと機械がつながる社会

    202X年のロボットが夢見る ヒトと機械がつながる社会

  • ライフラインが途絶えた被災地へ 水素がもたらす大きな希望

    ライフラインが途絶えた被災地へ 水素がもたらす大きな希望

  • 日本が停電に強いのはなぜ? 意外と知らない電力供給のカラクリ

    日本が停電に強いのはなぜ? 意外と知らない電力供給のカラクリ

  • コネクテッドインダストリーズ バイオ技術×デジタルが創る未来!

    コネクテッドインダストリーズ バイオ技術×デジタルが創る未来!

  • 佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

    佐賀市発で世界初 最先端のCO2分離回収プラント

  • 安全で快適な空の旅を支える 空港の施設を大解剖!

    安全で快適な空の旅を支える 空港の施設を大解剖!

  • 高みへ、そして未来へ昇る エレベーターの最前線

    高みへ、そして未来へ昇る エレベーターの最前線

  • 上りと下りは音で分かる!? 知られざるエレベーターのトリビア

    上りと下りは音で分かる!? 知られざるエレベーターのトリビア

  • 水素エネルギーについて知っておきたい5つのこと

    水素エネルギーについて知っておきたい5つのこと

  • 日本企業の出番!! バングラデシュの大いなる可能性

    日本企業の出番!! バングラデシュの大いなる可能性

  • ベトナムの新たなる動脈へ 最先端の情報処理技術が適用された高速道路

    ベトナムの新たなる動脈へ 最先端の情報処理技術が適用された高速道路

  • 日本は世界3位の地熱資源国! 地熱発電のさらなる可能性を追う

    日本は世界3位の地熱資源国! 地熱発電のさらなる可能性を追う

  • なんでも接着 なんでもつながる “分子接合”で広がるIoTの可能性

    なんでも接着 なんでもつながる “分子接合”で広がるIoTの可能性

  • エネルギーとして本格導入!? 2030年、水素社会がやってくる

    エネルギーとして本格導入!? 2030年、水素社会がやってくる

  • 乗り物は水素で動かす時代へ そのメリットと可能性とは

    乗り物は水素で動かす時代へ そのメリットと可能性とは

  • ビジネスモデルを変える力 IoTアーキテクチャー「SPINEX」

    ビジネスモデルを変える力 IoTアーキテクチャー「SPINEX」

  • 「ソサエティー5.0」の衝撃 第5の新たな社会とは

    「ソサエティー5.0」の衝撃 第5の新たな社会とは

  • 謎の“ボール消失現象”を追え LED研究者がフィールドを走る

    謎の“ボール消失現象”を追え LED研究者がフィールドを走る

  • スタートアップと大企業が組んだ オープンネイルの“確信”

    スタートアップと大企業が組んだ オープンネイルの“確信”

  • 指先がデバイスになる!? “革新”のオープンネイル

    指先がデバイスになる!? “革新”のオープンネイル

  • AI新時代を生きる― 「技術の東芝」を追い求める研究者たち

    AI新時代を生きる― 「技術の東芝」を追い求める研究者たち

Archives
  • エネルギー
  • 社会インフラ
  • 電子デバイス
  • デジタルソリューション
  • 研究開発
  • 人・取り組み