TOP > 人・取り組み > 草創期から現在を探る! 電気にまつわる5つのトリビア

草創期から現在を探る! 電気にまつわる5つのトリビア


草創期から現在を探る! 電気にまつわる5つのトリビア

この記事の要点は…

実用化にこぎ着けたエジソンの電球には京都の竹が用いられていた!?

糸魚川静岡構造線で周波数が50Hzと60Hzに分かれている理由とは?

電気は「財物」? 1910年代、法曹界に議論の嵐が巻き起こった!

今からちょうど140年前の1878年のこと。日本で初めて電灯に明かりがついた。この点灯に関わったのは、工部大学校(※)の教授ウィリアム・エドワード・エアトンとその教え子たち。燃焼による炎の「ともしび」から、電気による明かり「電灯」へと転換するきっかけとなった出来事であった。

※現在の東京大学工学部

この教え子のうちの一人が東芝の創業者の一人である藤岡市助。日本の電気事業に多大な影響を与えた人物だ。今回、藤岡らが築き上げた電気事業の草創期を探り、意外と知らない電気の秘密に迫ろう。

1.1問も解けないのに満点をつける!?

日本で初めてアーク灯と呼ばれる電灯を点灯させたエアトンは一体どのような人物だったのだろうか。

エアトンは1873年、工部大学校の前身である工部寮に赴任。明治政府が工学教育の振興策に力を入れる中、「お雇い外国人」としてイギリスから招へいされた優秀な教授陣のうちの一人だった。

エアトン

エアトン

エアトンの講義は厳格で、知識を学ぶだけでなく自ら考える能力を強く求めたといわれている。あるとき、誰でも解答できそうな簡単な問題数個と、授業でも教えていない難問からなる物理学の試験が行われたことがあった。

藤岡は難問だけに集中したものの解けないまま答案を提出。しかしエアトンはこれに満点を与えた。

「教えたことは誰もが分かっているから試験をする必要はない。教えないこともどれだけ理解しうるかを試すのが真の試験である」、「点数の争いなどスクールボーイの仕事だ」というのがエアトンの考えだったのだ。

2.エジソンの白熱電球には京都の八幡竹が!

エアトンや藤岡らの点灯に始まったアーク灯は、実はその光の強烈さから人々からあまり歓迎されず、1840年ごろからアーク灯よりも人の目に優しい白熱電球の開発が期待されるようになる

白熱電球の一つ「炭素電球」の実用化に世界で初めてこぎ着けた人物の一人がトーマス・エジソン。だが、1879年、エジソンが炭素粉末とタールを材料にしたフィラメントを用いて点灯させたとき、たった2時間しか持続しなかった。そこで彼は安定性のあるフィラメントの材料を探し求めた。

1年後、エジソンは最も優れた材料を発見した。それは京都の八幡竹だ。後にエジソンは「少なくとも6,000種の植物をテストし、最適なフィラメント材料を見つけるべく、世界中をくまなくあさった」と語っている。

川崎にある東芝スマートコミュニティセンターには同じ石清水八幡宮から譲り受けた竹が植えられている

川崎にある東芝スマートコミュニティセンターには同じ石清水八幡宮から譲り受けた竹が植えられている

日本初の炭素電球は、藤岡市助が12個の竹フィラメントを用い完成させた。エジソンが京都の八幡竹を見つけてから、ちょうど10年後の1890年のことだった。

日本初の炭素電球

日本初の炭素電球

> 次ページ 3.なぜ東西で50Hzと60Hzに分かれているの?

Related Articles Related Articles
  • 見て、考えて、動く! 受け継がれるロボットづくりのDNA

    見て、考えて、動く! 受け継がれるロボットづくりのDNA

  • 事業所のある町物語 ~東京都府中市~ 日本のモノづくりを支えた郊外都市

    事業所のある町物語 ~東京都府中市~ 日本のモノづくりを支えた郊外都市

  • 帰郷した名機関車は何を想う ブルートレインをけん引した「EF65 535」

    帰郷した名機関車は何を想う ブルートレインをけん引した「EF65 535」

  • 逆境をチャンスに! 受け継がれる超電導技術の未来とは?

    逆境をチャンスに! 受け継がれる超電導技術の未来とは?

  • 電気抵抗ゼロの世界 超電導技術の大いなる飛躍

    電気抵抗ゼロの世界 超電導技術の大いなる飛躍

  • ここにも出雲大社の神様が! 人気商業施設との意外な関係

    ここにも出雲大社の神様が! 人気商業施設との意外な関係

  • 海芝浦 閉じられた地の開かれた想像力

    海芝浦 閉じられた地の開かれた想像力

  • 文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

    文芸評論家で東芝研究者 奥野健男と探る文学と科学の交差点

  • なぜ漢字は正しく変換できる? 今日に生きる日本語入力技術のルーツ

    なぜ漢字は正しく変換できる? 今日に生きる日本語入力技術のルーツ

  • 僕らの未来はここから始まる 歴史と科学と楽しく触れあえる「東芝未来科学館」

    僕らの未来はここから始まる 歴史と科学と楽しく触れあえる「東芝未来科学館」

  • 日本初の白熱電球 暗闇を照らす一筋の光

    日本初の白熱電球 暗闇を照らす一筋の光

Archives
  • エネルギー
  • 社会インフラ
  • 電子デバイス
  • デジタルソリューション
  • 研究開発
  • 人・取り組み